• トップ

賃貸マンションの費用に関して

賃貸マンションを選ぶ際の注意

賃貸マンションにかかる費用

賃貸マンションに住む際にかかる初期費用として家賃の他、敷金、礼金や火災保険があります。初期費用として家賃の数か月分を敷金として先に納めたり、不動産の仲介手数料などでまとまった費用が必要になります。また、引っ越しや家具を買い揃えるなどして出費がかさみます。賃貸物件によっては礼金がかからなかったり、契約更新が家賃の半月分の物件もあるため、契約前に確認する必要があります。マンションではリフォームをする必要はありませんが、一方で経年劣化しても家賃が安くなったりすることはありません。そのため、古くなってきたり地震などで地盤が緩んでしまったりした際は自身で新しく引っ越す必要もあり、出費が起きます。駐車場の有無などでさらに契約する必要があるため、一軒家と比較しても長期的にみると割高になるケースもよく見受けられます。周辺の環境にも左右されます。家賃が安い賃貸マンションに住んでいても、交通の便が悪ければ交通費がかかったり、日常の生活用品の購入にも公共交通機関を使用しなければならないこともあります。また、周囲がコンビニしかなければ食費も割高になることもあります。契約の際は複数の不動産会社を見ることも重要です。不動産それぞれが管理している物件が異なるため、一か所で決めてしまうと損をする場合があります。

↑PAGE TOP